11.18
Sat
ただ今
上空
何千メートル?

飛行機の窓から
翼と
海みたいな雲

不思議なのは
雲の中にいるのに
見上げると

水平な雲が
川の水面みたいに
流れている

空に蓋を感じる

上空にて
うわのそら

翼だけが人工的で
それすらも どこか
ミニチュアの飛行機のような質感に思えて
後は一面の
白い世界

非現実のここちよさ

白は
様々な白で
繊細に
ふくよかで

こんなふうに
描写できたらと
つい 思ってしまう

翼が
メキメキ
小刻みに震えてる

この片方でも折れたら間違い無く堕ちるんだろうな と 思う

不思議と
もし そうなっても
死にたくないと
しがみつく事はないなと思う
受け入れる心もち

でも
絶対嫌だと
恐怖で しがみついて諦め切れず悔やむ人もこの中にたくさんいるよね
と思う

もしかして
飛行機の運命は
搭乗者の
生きたい
死んでもしょうがない
心の割合で
成り立っているのかな
大切な人
大切な約束
そっちのけで
そんな想いを馳せる私は
どうなんだろう



窓の外のすみっこに
小さな 雪の結晶が
ちまちまっと集まっていた

12月に
私の旦那の妹が結婚する
彼女に 雪の結晶の絵を頼まれている
式場に飾るもの

あ 落ちては困る

と 思った

神田サオリ-SAORIAn-

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://saorian.blog52.fc2.com/tb.php/75-6b2895e2
トラックバック
コメント
初めて飛行機に乗ったのが 高2の 修学旅行で。

窓側の席 で ず―――――っと興奮しちゃって。

わっ すげーすげー!
おもちゃ! 街 おもちゃ! 
雲 すげー!雲 すげー!
わ――っっ  日本列島 だぁ!!

こどもに 戻りましたね。
堕ちては 困ります。
だってまた 窓側に座って 見たいもの この景色っ。


サオリさんの描く 雪の結晶  みたいなぁ。。。
はし。 | 2006.11.18 21:43 | 編集
今日たのしみにしてます。
落ちてない事を祈りつつ・・・。
woody | 2006.11.18 18:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top