--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.22
Fri
SoftBankCorp 孫正義さん。

ついに一歩、踏み出されました。

孫さん個人の資産から10億円寄付し、自然エネルギー財団を設立する事を決意。





ご自分の言葉で この現状をいかに改善して行けるか、

覚悟を持って語る姿に

希望を貰う。

普段、ネット動画を見ない方々にも 是非、観て頂きたいです。

テレビでは放送されていません。


スクリーンショット(2011-04-22 22.31.59)

http://www.ustream.tv/recorded/14195781



孫さんの言葉から抜粋

「自然エネルギーを推進するのに足りないものは?」という質問に、孫さんは「覚悟」の一言。
「できるかどうかわかりません。でもやらなければいけないんです」

「エネルギー自給率を上げるのは、安全保障上も重要。鍵を握るのは、全量買取制度。単なる批判に終わらない、建設的な提案である」

「今までエネルギー政策に関して無知であった事も認める。ただ、これだけの重大事故が在り、問題が在る事を知ってなお行動をおこさないのは、罪だと、未来の子供達に対しての罪だと、心底思う。」








また、環境活動家の田中優さんの具体的でわかりやすいお話も、非常に勉強になります。




(田中優さんのお話から)

「『原子力賠償制度』という保険で賠償金が出される予定だったがそれをはるかに上回る被害額が出てしまった。そのため国家が立て替え払いをせざるを得ない。その借金の代わりに『送電線』を電力会社から取り上げよう。
電気は発電・送電・配電に分けられる。発電と配電はどの業者がやってもいいが、公共財であるはずの『送電線(車にとったら道路のようなもの)』は今現在、電力会社のもの。借金の代わりに送電線を公のものにしてもらおう」

「電気消費の4分の3は家庭以外の消費。
またピーク時(1年8760時間のうち10時間のみ)の91%は事業者の産業の消費だから家庭の電気料金を上げても変わり用がない。産業の電気料金の形態を変えればただちに解決できる」


「今後も原発事故が起こり得る社会」を放置するのか「3.11」をターニングポイントとして切り替えていくのか?自然エネルギーにシフトすれば日本の中に雇用を生み出すことも、地域を活性化させることもできる」









希望を、感じます。












comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://saorian.blog52.fc2.com/tb.php/1066-0ff3115d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。